かんたん車査定ガイド

トヨタ アクア 値引き

トヨタアクアの値引き、相場では「20万円」ほどです。でも、中には雑誌などでアクアで「30万円」近い値引きを引き出したなんて情報を見た方もいると思います。私は元トヨタの営業マンでしたが、自分自身の体験から言うと、雑誌にあるような値引きができたことは一度もありませんでした。

実は同じアクアでも、どこのトヨタディーラーと値引き交渉をするかでアクアの値引き額の限界は大幅に変わってしまいます。各ディーラーごとにアクアの値引き額の限界が違うのです。時間を掛けて値引き交渉していたディーラーがそもそも値引きをしてくれないディーラーだったという可能性もあるのです。ただ、ネットの情報などだけでは、アクアを大幅に値引きできるディーラーかどうか知るのは難しいと思います。

でも、下記で紹介するサービスを使うと、値引き交渉に頼らずに「40万円」以上アクアの購入総額を安くすることができる可能性があります。値引き交渉のポイントも後ほど紹介しますが、まずは値引き交渉に頼らずにアクアを安く買う方法を紹介していきたいと思います。

・トヨタ(ディーラー)に下取り車は売ると損

下取り車がある場合、トヨタなどのディーラーよりも買取業者に売却したほうが、数十万円高く売れることが多いです。理由は後述しますが、実際に買取業者がディーラーより「40万円」高く下取り車を買取してくれた体験談が、こちらのサイトにも紹介されています。

>>かんたん車査定ガイド

上記のサイトの実例を見るとよくわかりますが、ディーラーでの査定と買取業者の査定を比べると大きく金額が違うことがわかると思います。

実は自動車のセールスもこのことをよくわかっているので、知り合いの買取業者をこっそりお客さんに紹介しているセールスもいます。(セールスは後で業者から紹介料を抜いているのですが)

買取業者が高い査定額を付けられるのは、買取後の車を転売するルートをいくつも確保しているので在庫になりづらいところが大きいと思います。また、あらかじめ業者の顧客から「特定の車種が買取できたらすぐに買いたい」と言われているような場合は、相場よりも高い査定を付けてでも買取をしようとしてきます。

アクアを購入する際も、下取り車があればまずはディーラーではなく買取業者での査定額をチェックするのが、アクアを安く買うためのコツです。買取業者を使う場合と使わない場合で、アクアの購入総額は数十万円の違いが出るはずです。

そこで便利なのが、ネットで簡単に申し込みできる「買取業者への一括無料査定サービス」です。あらかじめ優良業者を選別してくれていて、複数の業者にまとめて査定依頼できます。業者を競合させることにもなるので、最初から高い査定額を提示してもらいやすいのも魅力です。

以下に、査定依頼できる業者の数が多くて、情報の入力完了までが簡単にできるサービスをまとめました。アクアの値引き交渉と合わせて、一括無料査定を有効利用するのがおすすめです。

1位 かんたん車査定ガイド

公式サイトはこちら

かんたんに45秒で情報の入力が完了します
・情報入力が終わると、すぐに概算の査定額が画面で確認できます
・サービスを運営する「エイチーム」は東証一部上場企業
・提携している業者は「JADRI(日本自動車流通研究会)」に加盟の車買取査定会社です

公式サイトはこちら

2位 ズバット車買取比較

公式サイトはこちら

全国150社の中から厳選された最大10社にまとめて無料査定依頼ができます
・カスタマーセンターがあるので、不明点の確認を事前に行えます
・サービスを運営する「ウェブクルー」は東証マザーズ上場企業です

公式サイトはこちら

3位 カーセンサー.net簡単ネット査定

公式サイトはこちら

・リクルートがサービス運営会社です
・公式サイト内に「車買取・車査定完全ガイド」や「車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54 」など、査定をする前に知っておきたい情報もきちんと紹介されています

公式サイトはこちら

アクア 値引き 購入

アクアの値引き交渉で、雑誌の値引き額まで近づける方法を紹介したいと思います。

アクアの値引きを引き出すために、アクアとフィットハイブリッドの購入で迷っていることをアピールするのも悪くない購入方法だと思います。でも、アクアを購入する際にもっと効果的なのは、同じアクア同士で値引きを競合させることです。アクアはトヨタのディーラーのトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店のどこでも購入できます。

アクアの購入の際にはこのことを利用します。通常トヨタディーラーは各地域のフランチャイズ店舗なので、各地方の様々な会社が運営していることになります。また、同じ地域内でもトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店はそれぞれ異なる会社が運営しています。実は、この運営会社の違いが理由で、雑誌に書いてあるような値引きがアクアでできる場合と、アクアではそこまでの値引きができない場合が出てきます。

そこで、アクアの値引き交渉では、運営会社の違うディーラー同士でアクアの値引き額を競合させるようにしましょう。そうすることで、そもそもアクアの値引きが少ないトヨタディーラーをふるいに掛けることもできるし、通常よりもさらに値引きアップの可能性が高くなります。


  • SEOブログパーツ

seo great banner

© 2015 アクア 値引き rss